HOME>ホットトピックス>アルコールの検知能力を確認したうえで購入しよう

性能の評判を調べよう

会社のドライバーに飲酒運転を絶対にさせたくないのなら、アルコール検知器を購入するまえに性能の評判を調べておきましょう。検知が正確ではなかったり引っかからない方法があったりするのなら、そのアルコール検知器を購入すると後悔してしまう可能性が高いです。たくさんの会社に導入されていて、管理する人間からも評判がよいアルコール検知器があるので、それを見つけ出して購入しましょう。アルコール検知器がしっかりと働いてくれれば、起きてしまうと大打撃を受けることになるドライバーの飲酒運転での事故をばっちりと防ぐことができます。

メーカーやショッピングサイトで買える

アルコール検知器を手に入れる方法はメーカーから購入する方法と、ショッピングサイトで売られているものを購入する方法があります。同じ機種ならばどちらで購入しても同じ性能なので、安い価格で販売されているほうから買うのがよいでしょう。なお、中古品も売られていますが、性能を大事に考えるのなら、買わないほうが無難です。性能が落ちた状態で売られている可能性があるため、新品のような効果を期待できないかもしれません。中古品ならばメーカーの保証も受けられなく、買い換えるしかないので安く買えたとしても結果的に損をしてしまいます。