HOME>注目記事>アルコールが身体に入っていない状態を証明するためのアイテム

本格的な製品を選ぶ

乾杯

トラックやバスなどの自動車で、人や荷物を運ぶ仕事を行っているのなら、運転手はアルコールが身体に入っている状態ではいけません。しかし、明らかに酔っ払っている状態ならば分かりますが、そうでなければ見た目で判断することはできないです。見た目に頼らずしっかりとした判断をしたいのなら、アルコール検知器がとても役に立つでしょう。ただし、現在では気休め程度のアルコールチェッカーも販売されているので、そちらを購入しては正しい判断をすることはできません。従って、確実に飲酒運転を防ぎたいと考えているのなら、本格的で高性能なアルコール検知器を導入することを考えましょう。

プロ仕様や業務用にする

喫煙

アルコール検知器はプロ仕様や業務用と書かれたものと、何も書かれてないものが販売されています。もちろん、人や荷物を運ぶ仕事をしているのなら、前者のアルコール検知器を購入しましょう。ただし、過大広告でプロ仕様や業務用としている製品があるかもしれないので注意が必要になります。もしも、アルコール検知器を選定しているのなら、メーカーのホームページを訪れて、どのくらい正確に検知ができるのか確かめるようにしましょう。

管理ができるものが利便性が高い

ビール

仕事でアルコール検知器を使うのなら、単に数値を図るのではなく、それを保存して管理できるものを利用したほうがよいでしょう。そうすれば、頻繁に引っかかる人物を特定できるので、今後の対策を行うのがとても簡単になります。誰がどの数値だったのかすべてを記録して管理できるアルコール検知器が販売されているため、利便性を求めるのなら購入しましょう。高性能な分だけ値段が上がりますが、管理に利用する時間を減らせるので損はしないはずです。