呼吸の中にあるアルコールを検知する

悩む男性

アルコール検知器は特殊な機器に自身の息を流すことによって、息の中に含まれている微量のアルコールを検知して数値化し伝えてくれる機器のことです。アルコールを摂取すると大腸に吸収された後は、大腸に存在する血管にすべて吸収されます。この欠陥に吸収されたアルコールのことを、一般的に血中アルコール濃度といわれます。この血中アルコール濃度が濃ければ、神経に作用して酔うという現象に見舞われるのです。血管に吸収されたアルコールは、全身を巡って最終的には肝臓と腎臓に送られます。この最終的に肝臓や腎臓に送られる前に全身の臓器をめぐるので、アルコール検知器はこの仕組みを利用しているのです。アルコールは血管から肺に送られると、呼吸した際に肺の中に空気の中に血管の中にあったアルコールが含まれます。その肺の空気の中に溶け込んだアルコールを、特殊な機器が量を調べることで現在のアルコール残量を調べられるというわけです。

アルコールは翌日に残るので注意が必要

ビールと唐揚げ

アルコール検知器が導入されるようになったのは、先に言った血中アルコール濃度という用語が広まったからです。血中アルコール濃度は血管の中に含まれているアルコールのことであり、最終的には全身の血管を巡った後に肝臓から腎臓に送られて排出されます。ただ注意しなければならないのは、その肝臓から腎臓に送られるのには時間がかかることです。特に忘年会や年末年始でお酒を大量に飲んでしまった場合、すべて出し切れないので翌日に残っている場合があります。たいていの人は翌日になったときに酔っていないので外に排出終わったと感じる人も多いですが、これは脳が負担になるほどのアルコール量になったというだけの話です。もし酔っていないから大丈夫と運転した結果、血中アルコールによって脳の活動が抑えられていると判断能力の低下や適切な判断能力が出来ずに事故を起こす確率が高くなります。さらに飲酒事故による痛ましい事件によって、現在では法律が改正されて飲酒運転の罰則が重くなっているのです。もし酔っていないと感じて運転した結果、警察のアルコールチェックに引っかかるようなことがあれば重い罰則金を科せられることになります。特に注意してほしいのが、タクシーなどの運送業です。タクシーなどの運送業にとって、安全運転を怠った企業は一気に信頼を失うことになり事業継続が難しくなります。アルコールを摂取すると記憶があいまいになり、どれだけ飲んだのかわからなくなる場合があるのです。もし排出しきれないほどの量を飲んでしまった場合飲酒運転になってしまうので、タクシーなどの運送業は特にアルコール検知器の重要性は高いといえます。

車に乗る前にアルコール検知器でしっかりチェック!